銀行ローンの種類についてと総量規制について

銀行ローンと簡単に言ってもその種類は様々なものがあります。年収の3分の1以上の借り入れをすることはできないと決められている総量規制ですが、実はこちらの規制は銀行ローンは対象外となります。そのためどのような種類のローンを銀行で借りても原則法的な縛りはないと考えて大丈夫です。では銀行ローンにはどういう種類があるのか具体的に見ていきましょう。
最も代表的な銀行ローンといえば、カードローンではないでしょうか。こちらは審査によって借り入れできる上限が決まるローンで、申し込みをして審査が通れば一定の年齢や条件に抵触しな限り上限額まで借り入れをすることができるローンです。もし借り入れをしなかった場合は利息がつかないので、念のために持っておくと安心できるローンと言えます。一方で1度借りたらそのお金を使うか使わないかに関わらず利息と元金を返済しなければならないローンが、フリーローンや教育ローン、住宅ローンと言われているものです。カードローンと異なり、これらはある一定の金額が通帳に入金される仕組みが取られています。毎月の返済額や最終返済日が具体的に決まっているため、返済計画が立てやすいというメリットが存在します。一方で前述のように借りたお金を手付かずにしていても利息は払わなければならないので使うかどうかわからない資金のために借り入れをするのは不適当なローンともいえます。総量規制にならない銀行ローンは銀行によって種類が様々です。用途や返済計画に合わせて利用すると良いでしょう。
おまとめローンDX - 低金利おまとめローンおすすめポイントと選び方はこちら