借金をするときに総量規制を調べることになったときの体験談

家電が急に壊れてしまったので、新しい家電を購入する必要がありました。
しかし最近冠婚葬祭が続いたので、蓄えが全然なくて困っていました。5万借りる必要があるのです。
親や兄弟に資金を借りようかとも思いましたが、あまり迷惑をかけたくなかったので、貸金業者や金融機関のカードローンを利用することにしました。
カードローンなら連帯保証人をたてる必要はないので、申し込みもスムーズにおこなえると思ったからです。
どこの金融業者で借金をするか探していましたが、消費者金融や信販会社の貸金業者には、総量規制があることを始めて知りました。
気になって総量規制のことを調べましたが、年収の3分1までしか貸せない決まりということでした。
他社からの借入がある場合も、他社からの借入額とあわせて、年収の3分の1までしか借りれないそうです。
なので、専業主婦などの年収のまったくない人が、消費者金融などの貸金業者では申込めない所が多いです。
銀行や信用金庫では総量規制がなく、年収を気にすることなく借金できるというので、銀行のカードローンに申込むことにしました。
ただ銀行は審査が厳しいと口コミでも書かれていたので、審査に通るか不安でしたが、今までに返済延滞などはまったくなかったので、なんとか審査に通ることができました。
銀行のカードローンは、キャッシュカードを持っていれば、キャッシュカードにカードローンの機能をつけることもできたので、財布の中に何枚もカードを持つ必要がなくて便利でした。